N°1736 アンティークルーペ 18金彫金・エマイユ

フランスの19世紀中期のペンダント型ルーペをご紹介いたします。
フレームは宝飾彫金をほどこした18金製で、エマイユ装飾があります。


サイズは縦4.8cm、幅3.5cm、厚みが0.5cmで、ルーぺの直径は2.6cmです。

フレームは、フランス語で「トルサード(ねじり文様)」という彫金で作ってあります。
下の画像を見ますと、フラットなリボンが巻いたような大きなトルサードの上へ、縄目コード状の細いトルサードを重ねている形なのがわかります。
そのうえ、大きなトルサードの側面を凹に彫り、白いエマイユの上へ黒い水玉をエマイユで飾っています。
どんな風に作っていったのか、当時の彫金師の技には驚くばかりです。


ルーぺを囲む2本のフレームは、彫金で三角形の文様を彫り込み、その間の凹にはロイヤルブルーのエマイユをつけています。


見れば見るほど凝った作りで、ルーペは傷などなく綺麗で、約3~3.5倍率です。

19世紀当時は、専用の開閉パーツがあるチェーンでペンダントのように着けました。


例えばこんなロングチェーンは、

N°1390. シェヴロン 18金製 天然真珠 スライド装飾付アンティークロングチェーン
( N°1390. シェヴロン 18金製 天然真珠 スライド装飾付アンティークロングチェーン  詳しくは画像をクリック⇧ )

ルーペや懐中時計を着けられるタイプのアンティークチェーンです。

彫金細工と、フランスらしいシックな色合いのエマイユが印象的で、ジャケットなどのポケットへ仕舞っておけば、取り出す仕草も素敵なアンティークルーペです。

フランス 19世紀中期
素材: 18金・エマイユ・ルーぺ
サイズ:L4.8cm W3.5cm D0.5cm 
ルーぺ直径2.6cm
価格問い合わせ ▽

France mid-19th century
Material: 18K Gold, enamel, loupe
Size: L4.8cm W3.5cm D0.5cm
Loupe diameter 2.6 cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ