N°0846 ダイヤモンドとエマイユ 指輪 19世紀 アンティークリング

フランスの19世紀中期のダイヤモンドのアンティークジュエリーをご紹介致します。
この指輪は、
中央の約1.5カラットのダイヤモンドに加え、

他に計24石のダイヤモンドがセッティングしてあります。

周囲のエマイユは、18金の指輪の台座を宝飾師が彫金し、凹の部分へエマイユを施してあります。
凸部分には、爪を作りダイヤモンドをセッティングしてあります。

エマイユの色はフランス語で「ブルー・ニュイ 〜夜の青」と言われる黒に近い濃紺で、夜空のような、黒に少し青を混ぜたフランス特有の色です。
後面は、中央のダイヤモンドがオープンセッティングで、他はクローズドセッティングです。

フランスの19世紀中期のナポレオン3世皇帝時代は、この絵の貴婦人のように、黒や濃紺のシックなドレスとダイヤモンドや真珠のジュエリーの装いがが流行しました。

フランス 19世紀中期の貴婦人像

 

このアンティークリングもその時代の黄金と黒に近い濃紺に、輝くダイヤモンドの組み合わせです。

19世紀フランスアンティークジュエリー ダイヤモンドとエマイユのリング

18金製のロングチェーンやブレスレットとコーディネイトされても素敵ですし、着け心地の良いアンティークジュエリーです。

※ ウェブサイト掲載中のアンティークジュエリーやオブジェのより詳細については、このページの「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい。実物をご覧いただけます。こちらのインフォメーションをご覧下さい。

フランス 19世紀中期
素材: ダイヤモンド・18金・エマイユ
サイズ:L1.1cm
リングサイズ:11-11.5
価格問い合わせ ▽

Ring
France Mid 19th century
Material: Diamond,18K Gold, Enamel
Size: L1.1cm
Ring size: 11-11.5
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ