N°1404. フィリグリー&幸運のシンボル トレイフルの彫金細工 18金製アンティークロングチェーン

19世紀後期フランスの、素晴らしいアンティークロングチェーンをご紹介いたします。
18金製で、長さは155cm、フランスのソートワールと呼ばれるジュエリーです。

このソートワールが素晴らしいところ、それは155cmの全チェーンが、宝飾師の手による彫金細工とフィリグリーで埋め尽くしてあること、そして全てのモティーフが、彫金のために中まで18金が詰まっていることです。

画像を大きくしてみますと、細身の菱型モティーフが、4つの装飾リングでつないであるのがわかります。

その上、菱型モティーフには、内部の縁取りにフィリグリー、その中に彫金モティーフがセットしてあり、4つの装飾リングには、「C」を背中合わせにセットしたフィリグリーがあります。

もっと拡大しますと、その作りが見えてきます。
菱型モティーフは、縦20mm、幅7mmで、フレームは、ただの平たい形ではなく、縁から内側にかけてカーブがあり、光を受けると輝きと陰影が出る形です。
内部は、フィリグリー細工の縁取りをつけ、その中には、中央に「トレイフル」、上下にしずく型のモティーフをセットしています。

「トレイフル」とはフランス語で「四葉のクローバー」のこと、ヨーロッパでは古くから、見つけると幸せが訪れるという云われがあり、幸運のシンボルや魔除けとして、装飾に使っています。
このロングチェーンネックレスの「トレイフル」は、幅約3mm、小さくとも、18金製でしっかりとしており、両面とも同じ作りで、表裏はなく、身につけて、回転しても、両面が艶やかです。

そして4つの装飾リングは、縦6mm、幅4.5mmの楕円形リングの中へ、「C」を背中合わせにセットしたフィリグリーがあります。

このモティーフも、一つ一つを宝飾師がフィリグリーをセッティングして作ったものです。
そして、菱形モティーフと同じく、両面とも同じ作りで、表裏はありません。

より拡大してみますと、作りの精緻さがわかります。

「四葉のクローバー入り菱形モティーフ」は総計31パーツ、「Cフィリグリーの装飾リング」は総計122パーツ、以上の装飾モティーフが、このソートワールをかたち作っており、全体で見ますと透け感のあるレース細工が連なっているような印象で、その上18金の表面仕上げが艶やかに輝いています。

留め具も全てオリジナルで、しっかりと開閉できます。
留め具に通すリングには、4カ所のフランス18金刻印があります。

19世紀フランスならではのロングチェーンは、凝った作りのおかげで、繊細で控えめ、しかし華やかさな艶やかさがあります。

時計や他のジュエリーとも似合いますし、普段使いに、シンプルにチェーンだけを、シャツやセーターの襟元へ、揺れるように身につけるのが、フランス的なシックなお洒落です。

無造作に着けると、繊細な作りの美しさが、ぎゅっと凝縮されているような魅力もあります。
いろんなスタイルのチェーンは、何種類持っていても使え、特にこのような凝ったネックレスは、身につけ方で、日常にフォーマルにと活躍してくれます。

フィリグリー&幸運のシンボル トレイフルの彫金細工 18金製ソートワール/ロングチェーン 100cm以上 アンティークジュエリー

19世紀フランスの、アンティークロングチェーンです。

フランス 19世紀後期
素材: 18金
サイズ:L155cm
価格問い合わせ ▽

France late 19th century
Material: 18K Gold
Size: L155cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ