N°1267 フィリグリー 天然真珠 18金製ロングネックレス アンティークジュエリー

19世紀後期、フランスのアンティークジュエリーをご紹介致します。
これは18金製の全て宝飾師によるハンドメイドの作りで、楕円形のフィリグリー細工( ※下記参照)のモティーフを、リングチェーンでつなぎ、天然真珠をセッティングした「ロングネックレス」です。
長さは94cm、

天然真珠は全部で21珠で、色や照りを揃えた丸みのあるバロックで艶やかな珠です。
珠は、宝飾師が1珠毎に18金製のバーを通し、珠の上下に被せパーツをセットし、リングで繋いだ作りです。

モティーフは1つが縦18.5mm、幅6mmの楕円形で、「フィリグリー(※下記参照)」細工の作りです。
モティーフは、楕円形のフレームの縁取りに縄編み状の18金細工をセットし、内部には中央に楕円形のパーツを、上下には縦線と円、数字の6型をシメントリーに配した装飾です。

全ての細工は、当時の宝飾職人による手仕事で、特に天然真珠がセッティングしてあるソートワールは、当時であっても高価であった為、作られたものは少ないアンティークジュエリーです。

モティーフの側面の縄編み状の縁取りがありますので、着けますと光を細やかに反射してきらめきますし、透かし細工が軽やかで繊細な印象の、アンティークジュエリーならではの、ロングネックレスです。
留め具もオリジナルで開閉はスムーズで、フランスの18金刻印があります。

また、大切に保管されていたアンティークジュエリーで、ほぼ使われていない状態と言える大変綺麗な状態です。
長さは94cmありますので、一連で揺れるロングネックレスで、又は2連で華やかに、とお着けになるシチュエーションによって装えます。

天然真珠やダイヤモンド、18金製のリングや腕時計、ブレスレットとコーディネイトされても素敵な、様々な装いを楽しめるアンティークのロングネックレスです。

19世紀フランスアンティークジュエリーのロングネックレスをつける貴婦人像

※ フィリグリー 宝飾技法_細工

「フィリグリー」とは、宝飾師により、主に金や銀などの貴金属を糸のように細く作った線状のものを、コイル状に巻き上げたり、縄編み状や粒彫金を施し、それらを溶接して作りあげる宝飾技法。
フレームを土台に様々な文様を作る、土台を使わず線だけで透かし文様(オープンワーク)を作る場合もある。宝飾師がミリ以下の単位の線から作る細工は、機械では不可能な、レース編みのような細やかさがある。元来この技法は、古代遺跡から発掘された古代ギリシャやローマ時代の宝飾品に使われていた細工で、19世紀の宝飾師の研究により復刻された技法でもある。

※ ウェブサイト掲載中のアンティークジュエリーやオブジェのより詳細については、このページの「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい。実物をご覧いただけます。こちらのインフォメーションをご覧下さい。

フランス 19世紀後期
素材: 天然真珠・18金
サイズ:L94.0cm
楕円モティーフ L1.85cm W0.6cm
価格問い合わせ ▽

France late 19th century
Material: Natural pearl, 18K gold
Size: L94.0cm
Motif size: L1.85cm W0.6cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ