N°1121 19世紀 アンティークチェーン 18金製 ネックレス フランスアンティークジュエリー

フランスの希少な19世紀前半の、18金製アンティークネックレスをご紹介致します。

全て宝飾師が手作業で作ったパーツを、小さな線彫りを入れたリングで繋ぎ合わせたアンティークジュエリーです。
長さは49.5cmで、着けますと下の画像くらいの感じになります。

18金は少し薔薇色がかったローズゴールドで、イエローゴルドほど黄色くなく、ピンクゴールドほどの赤味は無い、フランスの19世紀の、他にないデリケートな印象の18金ローズゴールドです。

六角形に丸を飾ったモティーフは、丸から丸までの幅が8mmで、六角形の幅分を重ねてリングで連ねた作りで、着けますと、動きに合わせてしなやかに揺れ、面と丸型が細かく輝きます。

宝飾師による作りで、各モティーフの角は丸く仕上げてあり、肌当たりもしなやかです。

側面から見ますとこのように、表裏は同じで、自在に動きます。

裏側から見た開閉パーツをご覧下さい。
このようにボックスの中へ凸パーツを差し込み閉めるシステムで、ボックスの上には六角形モティーフがありますので、表から見ますとボックス型は隠れ、一番上の画像のように、全て同じモチーフが連なるように作ってあります。

凸パーツにはフランス18金刻印があります。
繊細な煌めきのアンティークネックレスは、エレガントにも、下のように日常のニットやシャツにさりげなく着けられても素敵です。

1815~1820年代の王政復古と言われるシャルル10世王時代のジュエリーは、現存が数少なく、作りもアンティークジュエリーならではの18金製ネックレスです。

19世紀 アンティークチェーン 18金製 ネックレス フランスアンティークジュエリー

◯ フランス王政復古時代_19世紀前期_シャルル10世王_ルイ18世_ルイ・フィリップ王
1814年のナポレオン1世皇帝の失脚後、1830年まで続いたブルボン王朝による立憲君主制。
まずルイ18世が復位した。ルイ18世は18世紀前期のルイ15世の孫で、兄はルイ16世、1755年にヴェルサイユ宮殿で誕生する。逝去後の1824年に弟のシャルル10世が続いた。シャルル10世王はマリーアントワネットとも仲良く、もっとも王らしい王と言われる。
1830年までの王政期には、18世紀のブルボン王朝様式やマリーアントワネット好み、中世、ルネサンス時代様式が復活し、ネオ・ゴシック、ネオ・ルネサンスといった工芸美術が流行する。1830年にはオルレアン王朝のルイ・フィリップ王が即位し1848年まで在位した。
一般には、1814-1848年を「フランス王政復古時代」と呼ぶ。

フランス 19世紀第二四半世紀
素材: 18金
サイズ: L49.5cm W0.8cm
価格問い合わせ ▽

Necklace
France early 19th century
Material: 18K gold
Size: L49.5cm W0.8cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ