N°0904 古代様式 グラニュレーション18金製フランスアンティークロングチェーンネックレス

フランスの1820年代から1850年頃の時代のアンティークジュエリーで、長さ150cmのロングチェーンをご紹介致します。
18金製で古代様式で作ってあり、チェーンは2種類のリングを交互にセットし、総計12パーツの紡錘形の飾りをセッティングしています。

紡錘形の飾りパーツは縦約13mm、最大幅 7mmで、「グラニュレーション(※下方参照)」という金粒飾りがあります。

チェーンをミクロ画像で見ますと、丸型へ波模様をつけたリングと、オーバル型で中央を僅かに凹ませたリングを使ってあるのがわかり、

宝飾師が全てのリングを一つ一つを繋げてこのロングチェーンを作っています。着けますと形違いの装飾リングが、細やかに光ってアンティークジュエリーならではの繊細な印象です。

金細工技法の「グラニュレーション」や凝ったリングの作りは「古代様式」と言われ、18世紀から19世紀に遺跡発掘されたエトルスク(※下方参照)や古代ローマ時代のジュエリーにあった宝飾技法で幻の技法と言われていました。
19世紀には、ローマのジュエラー「カステラーニ」が研究し復刻したことでも知られています。

150cmのロングチェーンで、19世紀当時は1~2連で、付属している開閉リングへ懐中時計やペンダントトップを付け服のポケットへ仕舞い身につけていました。

開閉リングは上の画像のようにシンプルなリングでセットしてありロングチェーンは開きがないタイプです。チェーンを何重にも巻く着け方をご希望の場合は、リングをカットしないで開閉リングを移動可能ですので、オリジナルを損なうことなくロングチェーンを開くように致せます。

このアンティークチェーンの金色は、古代金のようにほんの少しローズゴールドがかった18金色に仕上げてあり、
古代ジュエリーの緻密な美しさが印象的なロングチェーンのアンティークネックレスです。

※ グラニュレーション 宝飾技法_細工

金属の台座に非常に小さい粒状、球状のものをろう付けする技法で、パターンに合わせて文様的に装飾をつける。日本では「粒金」と言われる。古代のエトルリアの金細工が遺跡から発掘され、19世紀にローマのジュエラー「カステラーニ」などによって技法が研究され、古代のものは0.18mmほどのサイズがあり、完全な復元とはなっていないが、近しい細工を作ることが可能となった。古代当時の技法は完全には解明されていない。

※ エトルリア ー エトルスク様式 エトルスカン・スタイル

エトルリアとは、紀元前8世紀〜1世紀に、イタリア半島中部(現在のトスカーナ地方、フィレンツェ〜ボローニャ、ペルージャ近辺)にあった都市国家群である。その古代文明の美術様式を仏語でエトルスク様式、英語ではエトルスカン・スタイルと呼ぶ。宝飾品では、グラニュレーション、オプス・インテルラシレ、フィリグリーなど非常に細かい金細工技法が発見されている。19世紀には、ローマの宝飾商カステラーニを筆頭とし、発見された古代の遺物にインスピレーションを受け、デザインや技法をジュエラー達が研究し「古代様式」「アンティックリヴァイヴァル」「考古学様式」のジュエリーが作られている。

※ ウェブサイト掲載中のアンティークジュエリーやオブジェのより詳細については、このページの「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい。実物をご覧いただけます。こちらのインフォメーションをご覧下さい。

フランス 19世紀第二四半世紀
素材: 18金
サイズ:L150.0cm
価格問い合わせ ▽

Necklace
Early 19th century
France Early 19th century
Material: 18K gold
Size: L150.0cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ