N°1665 ヴァンクリフ&アーペル  ダイヤモンド 天然真珠/アンティーククリップブローチ

フランスのジュエラー「ヴァンクリフ&アーペル」サインピースのアンティークジュエリーをご紹介致します。
1920年代のクリップブローチで、プラチナフレームにダイヤモンドをセッティングし、中央には天然真珠がセットしてあります。

ヴァンクリフ&アーペル

幅2.15cm、縦1.2cmのサイズで、ダイヤモンドはオールドカットで透明度の高い良い石を使ってあり、天然真珠は照りの綺麗なしっとりとした輝きがあります。

アンティークジュエリーのクリップブローチ

側面からは、細かい段差をつけたフレームの作りが見てとれ、ヴァンクリフ&アーペルならではの、精緻な宝飾技術を使って作ってあります。

クリップはこのように開き、内部には留めるための小さな針が4本あります。
後ろ面の部分はホワイトゴールド製で、スムーズでしっかりと開閉ができます。

横から見ますとクリップ上部に空間があり、チェーンを通してペンダントにもお使いいただけるブローチです。

同時代のプラチナチェーンでお着けになると、フレームの陰影から浮かび上がるダイヤモンドと天然真珠が綺麗に輝いています。

1900年代初頭のクリップブローチで、幅2.15cm、縦1.2cmのサイズのアンティークジュエリーはなかなかありません。

上のようにペンダントに、下のようにチェーンや真珠のネックレスと重ね付けをするのも素敵ですし、正面に、斜めにとさまざまな装い方ができるアンティークジュエリーです。

1920年代 黒のローヴの女性のポートレート

 

着けやすいサイズ感と、ヴァンクリフ&アーペルならではの質の高い作りがダイヤモンドと天然真珠を引き立て、着ける人を魅力的に見せるアンティークジュエリーです。

後面にヴァンクリフ&アーペルの刻印がございます。
このクリップブローチに似合うアンティークのプラチナチェーンはご紹介できますので、お問い合わせ下さい。

※ ヴァンクリフ&アーペル Van Cleef & Arpels ジュエラー_宝飾商
1906年にアーペル兄弟と義理の兄弟のヴァンクリフによって創立したパリのジュエリー・メゾン。創業一族はもともとダイヤモンド商で、プラチナへ、ダイヤモンドをはじめとした宝石を使った繊細で優雅なデザインのジュエリーには定評がある。1925年パリ装飾美術博覧会では金賞を受賞し、王侯貴族や世界中の富豪を顧客に持つ。
特に1910年から1920年代のアール・デコ期前後には、パリのトップクラスのメゾンとして君臨した。
1920年代のアール・デコ様式にも素晴らしいジュエリーを残し、1930年の貴金属のバニティバッグ「ミノディエール」の命名もこのメゾンで、パーティバッグ、パウダーケース、腕時計など小物のデザインにも注力し、「ミステリーセッティング」の覇者となるなど、宝飾の歴史に残る作品を作り続けている。パリ1区のヴァンドーム広場22番地に本拠を置き、ロンドン、ニューヨークなど世界の都市へ支店を出した。1940年代以降もパリやニューヨークの社交界、世紀の結婚で有名なウィンザー公爵夫人といった顧客を持ち、現在もパリのトップジュエラーとして続いている、フランスの代表的な宝飾商の一つである。

フランス 1920年代
素材: 天然真珠・ダイヤモンド・プラチナ・18金
サイズ:L1.2cm W2.15cm
価格問い合わせ ▽

Clip Brooch (Pendant)
French 1920s
Material: Natural pearl, diamond, platinum, 18K gold
Size: L1.2cm W2.15cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ