N°1363 兎と亀のペンダントトップ/アンティークジュエリー

19世紀後期フランスのアンティークジュエリーをご紹介致します。
銀フレームに亀を彫金し、ダイヤモンドを一面にセッティングしたペンダントです。
亀はダイヤモンド飾り付きの18金製リングをくわえており、トップには取り外しができる18金製のリングがセットしてあります。

トップのリングはチェーンを通す時に、亀が正面を向くように使うもので、18金に弾力性をつけた作りのリングで開きますと亀が取れます。
19世紀のチェーンで、? 型などの開閉式のパーツがついたものがありますが、そのようなチェーンを使う時には、最上部のリングを外して着けられる作りです。

亀は最上部のリングをのぞいて、縦22.5cm、幅10mm、この小さな甲羅にダイヤモンドをセットし、立体感のある彫金で作ってあり、

足にも彫金を施し、足の先と裏面は18金製で、

兎のグラビュール(彫金)があります。
これは17世紀フランスの詩人「ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ」作の「ウサギと亀の物語」(亀と兎が競争し、ゆっくりだけれど確実な亀が最後に勝つという寓話)からインスピレーションを得たアンティークジュエリーです。

亀はダイヤモンドをセットしたリングを加えている=亀の勝ち、というわけです。
尻尾にも彫金があり、可愛らしいお尻ですね。

ダイヤモンドの亀が、小さくても綺麗に輝くアンティークペンダントです。

画像のチェーンは参考品ですが、ご紹介を致せますのでお問い合わせ下さい。

フランス 19世紀後期
素材: ダイヤモンド・18金・銀
サイズ:L2.25cm W1.0cm 最上部リング直径0.7cm
価格問い合わせ ▽

Pendant
France late 19th century
Material: Diamond, 18K Gold, Silver
Size: L2.25cm W1.0cm
Upper ring diameter 0.7cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ