N°0759 ハート型オパール ダイヤモンド ペンダント/アンティークジュエリー

神秘的な色合いが魅力の宝石、オパールのアンティークジュエリーをご紹介致します。
フランスの王政復古時代(※下記参照)と言われる19世紀前期のペンダントで、ハート形のオパールを、銀製フレームにダイヤモンドをセッティングしたジュエリーです。
チェーン通しは18金製で、クロス状の彫金飾りがあります。

オパールのアンティークジュエリー

縦3cm、幅2.2cmのペンダントで、オパールは主に青と緑、紫が表れ、むらなく全体に均一に色合いが出る石です。
背景が濃色の場合は、青と緑が強く出ますし、下の画像のように背景が明るい色ですと、紫、ピンク、オレンジなどが光の角度によって表れます。

ダイヤモンドのフレームは銀製で、後面の土台部分とチェーン通しは18金製です。

どの角度から見ても、遊食が出る綺麗なオパールです。

フランスの19世紀前期は、18世紀の革命前のブルボン王朝の家系から、シャルル10世王、ルイ18世王、ルイ・フィリップ王の3人の王政となった時代で、王朝的なジュエリースタイルが作られました。

数億年の時を経て自然が作り上げた石、特にこのような光で万華鏡のように変化する遊色が出るオパールは、とても不思議な宝石で、見れば見るほど引き込まれます。

ハート形のオパールアンティークペンダント

フランスの18金製のアンティークチェーンで、リボンやコードでチョーカー風に着けられたり、チェーン通しは幅がありますので、飾りのあるチェーンもアンティークジュエリー的で素敵です。

◯ フランス王政復古時代_19世紀前期_シャルル10世王_ルイ18世_ルイ・フィリップ王
1814年のナポレオン1世皇帝の失脚後、1830年まで続いたブルボン王朝による立憲君主制。
まずルイ18世が復位した。ルイ18世は18世紀前期のルイ15世の孫で、兄はルイ16世、1755年にヴェルサイユ宮殿で誕生する。逝去後の1824年に弟のシャルル10世が続いた。シャルル10世王はマリーアントワネットとも仲良く、もっとも王らしい王と言われる。
1830年までの王政期には、18世紀のブルボン王朝様式やマリーアントワネット好み、中世、ルネサンス時代様式が復活し、ネオ・ゴシック、ネオ・ルネサンスといった工芸美術が流行する。1830年にはオルレアン王朝のルイ・フィリップ王が即位し1848年まで在位した。
一般には、1814-1848年を「フランス王政復古時代」と呼ぶ。

フランス 19世紀前期
素材:オパール・18金・銀・ダイヤモンド
サイズ;L3.0cm W2.2cm
価格問い合わせ ▽

Pendant
France Early 19th century
Material: Opal, 18K Gold, Silver, Diamond
Size: L3.0cm W2.2cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ