N°0648 アクアマリンと薔薇彫金 ブローチ/アンティークジュエリー

フランスのナポレオン3世皇帝時代のアンティークジュエリーをご紹介致します。
こちらは19世紀中期のバーブローチで、中央にはアクアマリンがセッティングしてあります。

アクアマリン彫金アンティークバーブローチ

バーの両端には薔薇のブーケ、アクアマリンの周囲には花葉とリボンが彫金で飾ってあります。

美しい水色のアクアマリンは、まるで泉のようで、薔薇や小花を飾り庭園をイメージしたブローチです。
幅13mmへ、3つの薔薇を立体的に彫金し、

まるで薔薇の香りが漂うような彫金です。
ナポレオン3世皇帝時代の19世紀中期は、皇后のウージェニーが18世紀王朝時代のロココ様式やマリーアントワネット王妃を土台に「ウージェニー様式」を作った時代です。
18世紀の優雅と豪奢なイメージの上に、19世紀の宝飾技術により精巧で複雑なデザインのジュエリーが作られました。

リボンの部分も、18金という金属にもかかわらず、見た目にしなやかな形で彫金してあり、このブローチを作った宝飾師の技術の高さがわかります。

ウージェニーはダイヤモンドをはじめ、色の美しいアメジストやアクアマリンを好み、黄金の花装飾とアクアマリンを使ったセットジュエリーと同じ色でドレスを注文しています。

アクアマリンは夏には涼やかさを、冬の重めの装いには軽やかさを与えるため、季節を問わず身に着けられるアンティークジュエリーです。

フランス 1860-1880年代
素材:アクアマリン・18金
サイズ:L7.5cm x W1.3cm
価格問い合わせ ▽

Brooch
France 1860-1880s
Material: Aquamarine, 18K gold
Size: L7.5cm x W1.3cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ