N°1231 ローズべリル ブローチ/アンティークジュエリー

フランスの19世紀末のアンティークジュエリーをご紹介致します。
このブローチは、台座は18金とプラチナ製で、中央に大きめを1石、周囲に5石のローズベリルという宝石を、フレーム全面にオールドカットのダイヤモンドをセッティングしています。

ローズベリルのアンティークジュエリー

ベリルという宝石は、エメラルドやアクアマリンと同じ種類の石で、この石のように薔薇色の石だけには「ローズベリル」という名称が使われます。
現在は英語で19世紀末以降に名付けられたモルガニットとも呼ばれています。

モルガニットのアンティークジュエリーブローチ

この石は19世紀当時の天然石で、インクルージョンのほとんど見られない透明度の大変高い石で、デリケートな淡い薔薇色で輝きは強く、まるで湖水の輝きを見るような美しさがあります。
後世には処理により強いピンク色を出した石も出てきますが、19世紀当時にこの透明度で、同じ色でサイズの5石を揃えること自体が希少と言えます。

フレームは、波打つような立体感をつけた19世紀の素晴らしい作りで、横から見ますと、流線型の形や、石毎にフレームの高低をつけ、石の輝きを計算しています。

後ろ面は18金製で、星型の綺麗な仕上げをしているのも、良い宝飾技術の証です。

直径4cmのサイズで、身につけますと、その深い輝きに誰もが魅せられるアンティークジュエリーらしいブローチです。

オリジナルボックス付です。

フランス 19世紀末
素材: ローズベリル・ダイヤモンド・18金・プラチナ
サイズ:L4.0cm x W4.0cm
価格問い合わせ ▽

Brooch
France late 19th century
Material: Rose Beryl , Diamond, 18K Gold, Platinum
Size: L4.0cm x W4.0cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ