N°0088 ルネサンス貴婦人の肖像カメオ/ アンティークペンダント

19世紀中期、ナポレオン3世皇帝時代のアンティークジュエリーをご紹介致します。
栗色と象牙色層のアゲートのカメオをセットしたペンダントです。
このカメオの裏面には「He’loise(エロイーズ)」と陰刻してあり、おそらくこの肖像の貴婦人の名前と考えられます。
18金のフレームにはリボンと葉を透かし彫金してあり、十字の位置のリボンの結び目には銀製フレームにダイヤモンドをセットしています。

アンティークカメオのペンダント

貴婦人は、1500年代のルネサンス時代の装いで、薄絹のヴェールを被り、フリルの立ち襟をのぞかせ、ルネッサンス風のダマスク織物の膨らんだ袖のドレスを着て、真珠のネックレスにクロスのジュエリーをつけている姿です。

背景は焦げ茶で、その上に乳白色の色層のアゲートです。
白でもなく、象牙色でもない、とろりとした乳白色が貴婦人の雰囲気にとても似合っているカメオです。

チェーンはオリジナルで、長さ49cm、
チェーンの間にはフレームとお揃いの葉と花の彫刻が両側にあります。

この1540~50年代の女性の、アンティークチェーンの着け方も素敵ですね。

貴婦人の肖像 1540~1550年頃

 

陰影の綺麗なカメオで、18金彫刻の凝ったフレームのアンティークのペンダントです。

フランス  19世紀中期
素材:アゲート・18金・ダイヤモンド・銀
サイズ:L4.2cm W3.0 cm
チェーン:L49cm
価格問い合わせ ▽

Cameo Pendant with original chaine
France, mid-19th century
Material: Agate, 18K Gold, Diamond
Size: L4.2cm W3.0 cm
Chain: L49cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ