N°1369 カルティエ カフスボタン/アンティークジュエリー

1930年代のカルティエのアンティークジュエリーをご紹介致します。
このカフスボタンは、球体に彫ったアヴェンチュリン(AVENTURINE)石を使ったカフスボタンで、アヴェンチュリン(AVENTURINE)石は、鉱物名をクロム雲母入り珪岩(うんもいりけいがん)と呼ぶ、翠色の石で、透かしますと雲のような文様が見えます。

カルティエのアンティークカフスボタン

U型のデザインはカルティエ・オリジナルで、身につけますとカフスの左右に鮮やかな翠色と、球体の先にある18金の粒が見え隠れします。

アヴェンチュリンのアンティークジュエリー

美しい緑色が装いのアクセントになり、当時のカルティエらしいシックな感覚の、メンズジュエリーです。

フランスのモード誌「ムッシュー」48号 1923年

 

女性がされても素敵なアンティークジュエリーです。

フランス 1930年代
カルティエ
作品番号:015480
素材: アヴェンチュリン・18金
サイズ:珠直径1cm バーL1.2cm
価格問い合わせ ▽

Cufflinks
France 1930s
Jeweler: Cartier
Number: 015480
Material: Aventurine, 18K gold
Size: Pearl diameter 1cm Bar L1.2cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ