N°0404 ゼウス・セラピス神 古代ローマインタリオ 赤カルセドニー/アンティークリング

古代ローマ時代のアンティークジュエリーをご紹介致します。
22−23カラットの金の指輪に、赤いカルセドニーのインタリオをセッティングした全て同時代の指輪です。インタリオのモティーフは「ゼウス・セラピス神」です。

この神は、紀元前4世紀から紀元前30年頃の、エジプト王朝末期のギリシャ支配下の時代に、ギリシャとエジプト文化の習合により信仰されたセラピス神で、当時、様々な民族が集まる国際的な首都アレクサンドリアに神殿があり、エジプト人、ギリシャ人ともに主神として信仰していました。

その後、エジプトが古代ローマ帝国の属州となり、セラピス神は、ギリシャ神話のジュピター(ローマ名:ゼウス)と融合し、「ゼウス・セラピス神」と呼ぶようになり、古代ローマ帝国の寺院に豊穣、冥界、永遠、医学の神としてまつりました。

重く巻いた髪とあごひげ、額にかかる髪への5つの頭部装飾品がシンボルです。

インタリオ、黄金のリング部分はともに紀元2世紀の古代ローマ時代のオリジナルの指輪で、遺跡から発掘されたアンティークジュエリーです。

※ ウェブサイト掲載中のアンティークジュエリーやオブジェのより詳細については、このページの「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい。実物をご覧いただけます。こちらのインフォメーションをご覧下さい。

古代ローマ時代 紀元後2世紀
素材:22-23金・カルセドニー
サイズ:L0.7cm W0.9cm
リングサイズ:17(サイズ変更不可)
価格問い合わせ ▽

Intaglio Ring
Ancient Roman period-2nd century AD
Material: 22-23K gold, Chalcedony
Size: L0.7cm W0.9cm
Ring size: 17
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ