N°0164 ラクロッシュ ルビーの花ブローチ / アンティークジュエリー

フランスの1920-30年代のアンティークジュエリーをご紹介致します。
ジュエリー・メゾン、「ラクロッシュ」の花器に飾ったブーケのブローチです。
ルビーで花を、葉や蕾、縁飾りはプラチナ製フレームにダイヤモンドをセットし、花器はオニキスです。
オニキスは彫刻し表面をポリッシュして艶やかに仕上げてあり、正面は平らではなく曲線になっています。

ラクロッシュの花のアンティークブローチ

ピンクのルビーをセットした花のフレームは18金製です。
「ラクロッシュ」は1875年にマドリッドへ創立し、パリのヴァンドーム広場のラ・ペ通りにも店を構えました。
ヨーロッパの王侯貴族や富豪の御用達であり王侯の持つ有名なダイヤモンドをはじめ、工房の持つ高度な技術からファベルジェからの専属の外注を受託していました。
1930年にはウエストミンスター公爵夫人のティアラを作っていますし、イギリス王室からも宝石を購入していたメゾンです。
アール・デコ様式のジュエリーを得意とし、1900~1930年代に素晴らしい作品を残しています。

アンティークブローチ

グランサンクに並ぶ、又はより洗練されたジュエリーやオブジェを創作していましたが、第二次大戦後、創業者一族のジャック・ラクロッシュがメゾンの扉を閉めました。

ルビーのアンティークジュエリー

このブローチは、総計18パーツから構成し、それぞれを組み立てた建築的なジュエリーです。
そのおかげで幅43mm、縦25mmのジュエリーサイズですが、凹凸を付けた立体的な作りになっています。
デザインバランスは、カルティエをして、偉大なジュエラーと言わせたラクロッシュならではのクオリティの高さです。

ブローチピンは2つのセキュリティをかけられます。
花器にいけたブーケをモチーフの、高度な宝飾技術により作られた魅惑的に輝くアンティークジュエリーです。
ラクロッシュは、戦後にメゾンの扉が閉じられた後も、現在のヴァンクリフ&アーペルやハリーウインストン等の宝飾メゾンが、宝飾技術の参考にするために、いにしえの作品の収集家となっています。

※ ラクロッシュ Lacloche ジュエラー_宝飾商
1875年創業、ラクロッシュ4兄弟によって創立した宝飾メゾンである。
フランス、パリのヴァンドーム広場のラ・ペ通りに支店を構えた。1925年のパリ万国博覧会、1929年の装飾美術展へ出展し、ヨーロッパの王侯貴族や富豪の御用達であり王侯の持つ有名なダイヤモンドをはじめ、工房の持つ高度な技術からファベルジェからの専属の外注も受託していた。1920年にはファベルジェのロンドン支店を買収している。
ラクロッシュの宝飾工房では、ファベルジェの作品も創作しており、カルティエもならったと言われる精緻で繊細な最高技術を持ち、ジャポニズム、オリエンタリズムといったアール・デコ様式の作品をはじめ、主に1900~1930年代に素晴らしい作品を残し、グランサンクに並ぶ、又はより洗練されたジュエリーやオブジェを創作している。
第二次大戦後、創業者一族のジャック・ラクロッシュがメゾンの扉を閉めた。

ラクロッシュ
フランス 1920~1930年代
素材:ルビー・ダイヤモンド・オニキス・プラチナ・18金
サイズ:W4.3cm L2.5cm
価格問い合わせ ▽

Brooch
Jeweler: Lacroche
France 1920s-1930s
Material: Ruby, Diamond, Onyx, Platinum, 18K Gold
Size: 4.3cm x 2.5cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ