N°1076 ティファニー ペンダント型アンティークジュエリーウオッチ

1900〜1910年代「ティファニー」のアンティークジュエリーウオッチをご紹介致します。
トップはカメオと時計のダブルフェイスで、天然真珠(※ シードパール下方参照)のソートワールに加え、別にプラチナチェーンが付属しています。
カメオは黒白層のニコロアゲートへ彫ってあります。
モティーフは、古代神話の狩りと月の女神で森に住む「ディアナ」で、弓を持ち、狩猟犬を伴っています。

ティファニー アンティークジュエリーウオッチ 天然真珠ソートワール付き

ディアナ女神は、古代から絵画や彫刻に表されてきましたが、特に16世紀中頃のフランスでは、当時のフランス王(フランソワ1世とアンリ2世)2代の宮廷で、アンリ2世の寵姫であったディアーヌ・ド・ポワティエを、女神ディアナになぞらえた絵や彫刻がありました。
同じ名前から、才色兼備で宮廷の花であったディアーヌ・ド・ポワティエと、女神ディアナを同一視していたのです。

ディアーヌ・ド・ポワティエの狩猟のディアナ絵画フォンテンヌブロー派画 1550年頃 ルーヴル美術館蔵
狩猟のディアナ フォンテンヌブロー派画 1550年頃 ルーヴル美術館蔵

 

ソートワールは小さな天然真珠をレース状に繋ぎ、規則的にオニキス珠をセットしてあります。
ソートワールには、1900年代初期当時に作る時に使われた宝飾用の素材の色変わりが、つなぎ一部の真珠に見られます。
バチカンとネックレスの留め具は、表面がプラチナ、後面が18金製で、プラチナ側にダイヤモンドをセットしています。

カメオのフレームはプラチナ製で、トップにダイヤモンドがセッティングしてあります。
一番外側から見ますと、縁取りに天然真珠をプラチナ線でセットし、次に面取りしたオニキスがあり、ミルグレーン(粒状彫金)をつけたフレームへダイヤモンドをセットし、カメオをフレームにセットしてあります。

上の画像のカメオの下にあるのは時計の竜頭です。
反対側の時計は、文字盤の方向がカメオの方向とは逆になっています。
これは、カメオ側を表にして着けた時に、トップを手にとって時計を見る時、正方向で見れるように作られているからです。

まだ腕時計を着ける習慣が無かった時代の、ジュエリーウオッチの作りです。
繊細な細工のプラチナチェーンが付属しており、トップはバチカンの部分は ? 型の開閉式で、取り外しができます。

白と黒のコンビネーションが美しいのティファニーのアンティークジュエリーで、
天然真珠のソートワールは84cmで、1900年代はじめのこの画像のように、長く垂らして着けるスタイルです。

時計はすべてオリジナルで揃っており、オーバーホール済で作動します。
時計についてはこちらのページもご覧下さい。

ソートワールについてはこちらのコラムへどうぞ。
アンティークジュエリー物語 n.3 ロングジュエリーの装い ソートワールの魅力

※ シードパール
宝飾用語で、1mm前後のサイズの大変小さな真珠の名称。古来からジュエリーやオブジェへの装飾に見られ、18世紀以降には、細く強固で弾力性のあるホースヘア(馬の尻尾などの毛)を使ったジュエリーもある。イギリスでは主に19世紀に、植物などの形に作ったシードパール・ジュエリーが流行した。日本では芥子の種のような小ささから「ケシ」とも呼ばれている。

ティファニー 
1900〜1910年代
素材: 天然真珠・ダイヤモンド・ニコロアゲート・オニキス・プラチナ・18金・時計
サイズ:トップL5.2cm x W3.5cm x D0.7cm
ソートワールL84cm 
付属チェーンL59.0cm
価格問い合わせ ▽

Jewelry Watch
Jeweler: Tiffany & Co.
1900-1910s
Material: Natural pearl, Diamond, Agate, Onyx, Platinum, 18k gold, Watch
Size: Top L5.2cm x W3.5cm x D0.7cm
Pearl necklace L84cm
Chain L59.0cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ