N°0473 コーラルネックレス 地中海珊瑚 19世紀 アンティークジュエリー

フランスの1815年から1830年頃の珊瑚のアンティークジュエリーをご紹介致します。
地中海の大粒の珊瑚を、グラデーションに連ねたネックレスで、

珊瑚の珠は、磨いて全体にファセットを付けてあります。
ファセットとは、通常は透明な宝石の表面へ、角度の違う多数の切子面を持たせるカット方法です。
ファセットのおかげで、珊瑚の表面が光を受けて、球体よりも着けた時により綺麗に見えます。

珊瑚は古来から魔除けとして、悪いことから守ってくれる宝石として、ヨーロッパの王侯貴族が、装身具にして身につけてきました。
地中海で採れる珊瑚は、古くは古代ギリシャ時代から現在にいたるまで、コーラルピンクからオレンジの美しい天然色が、憧れの対象となっています。

珊瑚の腰飾りを着けた貴婦人の肖像 16世紀

 

このアンティークのネックレスは、珠は後ろが小さめで前へ大きめと、グラデーションになっており、

留め具は18金製で、細長い6面体に作ってあり、面には交互に違う図柄の彫り文様があります。
文様は、1つは花と方形、もう1つは薔薇をフレームで縁取りした図柄です。
珠には画像に見られるように黒っぽい部分が見られますが、最大14mmの大きな珠を使ったネックレスで、200年前のアンティークジュエリーの世界でしか見つけられない、地中海の天然珊瑚の証でもあります。

珊瑚は珊瑚色の糸で繋ぎ直し済みで、珠の間には糸の結び目を作っていますので、着けると綺麗なネックレスの落ち感になります。
下の絵のオックスフォード伯爵夫人のように、18世紀後期から19世紀には特に珊瑚珠のネックレススタイルが好まれました。

ジェーン=エリザベス・オックスフォード伯爵夫人 1767年 J.ホップナー画 テートギャラリー蔵

 

今ではもう地中海の天然珊瑚は希少で、アンティークジュエリーならではの落ち着いた感じの珊瑚ネックレスです。

※ ウェブサイト掲載中のアンティークジュエリーやオブジェのより詳細については、このページの「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい。実物をご覧いただけます。こちらのインフォメーションをご覧下さい。

フランス 1815年-1830年頃
素材:珊瑚・18金
サイズ:L50.0cm
珊瑚サイズ:約14mm – 6mm
価格問い合わせ ▽

Necklace
France c. 1815-1830
Material: Coral, 18K gold
Size: L50.0cm
Coral Size: 14mm – 6mm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ