N°0932 ド・ゴゥルト作 ミニアチュール・ダブルフェイス アンティークペンダント

フランスのマリーアントワネット王妃時代のアンティークジュエリーをご紹介致します。
18世紀後期のミニアチュール画家「ジャック・ヨセフ・ド・ゴゥルト」作のダブルフェイスのペンダントです。ミニアチュールは象牙へ描いてあり、ダブルフェイスのの片方は貴婦人、もう片方はタンバリンを持つ音楽のミューズです。下の画像の下方に「ド・ゴゥルト」のサインがあります。

「ミューズ」とは、古代ローマ時代の文芸の女神達ですので、表側の貴婦人は、音楽愛好家で楽器を演奏したり音楽家のパトロンヌ(庇護者)だったかもしれません。
貴婦人のドレスや髪型、化粧は、マリーアントワネット王妃時代そのもので、絹織りの水色のドレスに、透けるレースのケープをつけ、髪にはグレーの髪粉で化粧し、水色の絹織りのリボンを飾っています。

18世紀らしい繊細でデリケートなミニアチュールのジュエリーで、18金製のフレームで、ミニアチュールのフレームはローズゴールド、表裏をセットするフレームはイエローゴールドで、ミニアチュールへは表裏ともガラスがセットしてあります。

「ド・ゴゥルト」は、1738年に生まれた18世紀のミニアチューリスト(細密専門画家)です。王侯貴族達の肖像画の他、古代のカメオをミニアチュールやグリザイユ(モノトーンによるミニアチュール)で描くのも得意とした上、セーブル陶器窯で磁器の絵付画家としても活躍していました。

18世紀らしく、細身のチェーンやコード、リボンなどで着けられると綺麗なアンティークジュエリーです。
同時代の似合うチェーンはご紹介できますのでお問い合わせ下さい。

ミニアチュールについてはこちらのコラムもご覧下さい。
アンティークジュエリー物語 n.4 芸術の花 ミニアチュール I
アンティークジュエリー物語 n.5 作家ラファイエット夫人 ミニアチュール II

※ ウェブサイト掲載中のアンティークジュエリーやオブジェのより詳細については、このページの「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい。実物をご覧いただけます。こちらのインフォメーションをご覧下さい。

ミニアチュール画:ジャック・ヨセフ・ド・ゴゥルト作
フランス 18世紀第三四半世紀 
素材: 18金・ミニアチュール・象牙・ガラス
サイズ:L4.6cm W3.3cm D0.7cm
価格問い合わせ ▽

Pendant
France 18th century 3rd quarter century
Material: 18K gold, Miniature, Ivory, Glass
Size: L4.6cm W3.3cm D0.7cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ