N°1079 オパール ペンダント 帝政ロシア期のアンティークジュエリー 

帝政ロシア期のアンティークペンダントをご紹介致します。
洋梨をかたどったのオパールに、蝶々をセッティングしたチェーン付のペンダントです。
オパールへは、銀フレームにダイヤモンドとルビーで飾った蝶々のセッティングがあり、トップの18金の葉には、緑と赤のエマイユをつけ、銀フレームでダイヤモンドをセッティングしています。

ブルーオパール 帝政ロシア時代のアンティークペンダント洋梨型

オパールは縦60mm、幅30mmのサイズで、青から水色、紫から緑へと、万華鏡のように変化する石です。
オパールの色が光の向きによって変化することを、「遊色 -プレイ・オブ・カラー」と呼びます。
当時でもこの大きさでこのような遊色のあるオパールは大変貴重でしたから、カットすることなしに、石の大きさを十分に生かしこのペンダントへ作られました。

ダブルチェーンで、2石のオパールが両側にセットしてあり、

フレームはクローズドセッティングで、

裏面には放射状の彫刻があります。

当時の帝政ロシアの刻印が、バチカン部分にあり、チェーンの後ろ側には開閉する留め具があります。
オパールは、炎にも似た輝きをもち、まるで生きているかのようで、モネの絵「睡蓮」のように多種多様な色をふくみ、まさに精霊が宿っているような宝石です。

神秘的なブルー系のオパールが印象的な、帝政ロシア期のアンティークペンダントです。

帝政ロシア 19世紀後期 
素材: オパール・ダイヤモンド・ルビー・エメラルド・エマイユ・18金・銀
サイズ: L6.0cm W3.0cm チェーンL52.5cm
価格問い合わせ ▽

Pendant
Emperor Russia late 19th century
Material: Opal, Diamond, Ruby, Emerald, Enamel, 18K gold, Silver
Size: L6.0cm W3.0cm Chain L52.5cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ