N°1030 天然バロック真珠 ダイヤモンド ペンダント 19世紀フランスアンティークジュエリー

ナポレオン3世皇帝時代の天然真珠のアンティークジュエリーをご紹介致します。
バロックの天然真珠のペンダントで、天然真珠のサイズは最大幅約1.3cmで、艶やかに輝くバロック真珠で、照りも美しい珠です。

ダイヤモンドのアンティークペンダント

真珠をぐるりと取り巻く飾りは、銀フレームにダイヤモンド飾りで、真珠に綺麗に添っています。
これは宝飾職人がバロックの形に少しづつ添わせながらフレームを作り上げ、石止めとミルグレーン(槌打ち宝飾技法による粒状飾り)を施しながら作り上げています。
全角度からご覧になると、バロック天然真珠へ添って曲線フレームが作ってあるのがわかります。

その上には、花型のフレームへオールドカットのダイヤモンドがセットされ、一番上のリング外径には、ダイヤモンドが一連にセッティングしてあります。

リング内側や花型の後ろ面、中央のリングは18金製です。

いにしえの絵画のように、ゴールドアンティークチェーンで長めにつけられても綺麗ですし、黒のベルベットリボンをチョーカー風に着けられるのも素敵です。

天然バロック真珠 19世紀フランスアンティークジュエリー
アデリーン・M・ノーヴル夫人の肖像 部分 F.フラマン画 1903年 アデリーン・M・ノーヴルコレクション蔵

 

自然の作り上げた、世界で唯一のバロックの天然真珠のジュエリーです。

画像のチェーンは19世紀中期のフランス製で参考商品ですが、さまざまなスタイルのアンティークチェーンをご紹介致せますのでお問い合わせ下さい。

フランス 19世紀中期
素材: 天然真珠・ダイヤモンド・18金・銀
サイズ: L4.25cm W1.3cm
価格問い合わせ ▽

Pendant
France, mid-19th century
Material: Natural pearl, diamond, 18K gold, silver
Size: L4.25cm W1.3cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ