N°1223 ブシュロン 19世紀のアンティークペンダント・ブローチ

フランスのジュエリー・メゾン「ブシュロン」の19世紀のアンティークジュエリーをご紹介致します。
1884年の作で、ペンダントとブローチ両方に使えるトランスフォームジュエリーです。
これは、ブシュロンの初期の、ヴァンドーム広場へお店を開く前のパレ・ロワイヤル154番地にメゾンがあった19世紀末の時代のアンティークジュエリーです。

ブシュロン アンティークのペンダント

ジュエリーには、オリジナルボックスとブシュロンの書類が付属しており、その書類は、ブシュロンのレターヘッドでオーダ主名、1884年8月16日の日付、他に一緒にオーダーしたジュエリー名や、が記されています。
書類は店頭またはご要望によりご覧いただけます、またご購入の方へは書類をお渡し致します。
ボックスには「ブシュロン」の名と受賞経歴、メゾンの所在地のパレ・ロワイヤル154番地が刻印してあります。

カメオは濃灰色と白の色層のアゲートへ彫刻してあり、アゲートの色層を生かした精緻な彫りです。
絵柄は、森の木に吊るしたブランコに乗る少年と少女で、足元にはイリスの花が咲いています。

メゾン ブシュロン カメオペンダント

銀フレームへダイヤモンドと天然真珠をセットし、天然真珠は全て粒、色を揃えてあり照りも綺麗です。

下には、彫金文様のある金のリボンと揺れる洋梨型の天然真珠を飾っています。

裏面には作品番号の陰刻があります。
ブローチとペンダントに着けられる作りで、ブローチピンとペンダントパーツは取り外しができ、ペンダントパーツはトップの天然真珠2珠と3枚の葉がある部分を取り外せるように作ってあります。

ブシュロン初期のジュエリーは希少で、19世紀ならではの作りの優雅なアンティークジュエリーです。

同時代の18金製のアンティークチェーンと合わせると綺麗ですし、ブローチではカメオの美しさが引き立ちます。
似合うアンティークチェーンはご紹介を致せますのでお問い合わせ下さい。

※ ブシュロン Boucheron ジュエラー_宝飾商

フランスの宝飾商で1858年にフレデリック・ブシュロンによってパリのパレ・ロワイヤルに創立。19世紀以降、フランスを代表するジュエラーである。1870年代にはティファニーがブシュロンの作品をニューヨークへ紹介し、その比類なる宝飾技術とデザイン性が大変な評判となり、成功を収める。伝統的な宝飾技術を土台にしっかりと持ちながら、独創的なデザイン、石の使い方、新しい芸術の流れをいち早く取り入れた非常に質の高いジュエリーが特徴で、アーティスティックなデザイン性が高く評価され、世界中の王侯貴族や富豪を顧客に持った。1878年のパリ万国博覧会では金賞を受賞し1897年に現在も本店となっているパリのヴァンドーム広場26番地へメゾンを構え、1907年にはロンドンのニュー・ボンド・ストリート180番地へも支店を出した。1948年生まれのフレデリックのひ孫アラン・ブシュロンが一族の経営を引き継いだ後には経営者が変わるが、現在もその名は世界的なジュエラーとして、パリのグランサンク(五大宝飾商)の1つとして存在している。

メゾン:ブシュロン
フランス 1884年
素材: アゲート・ダイヤモンド・天然真珠・18金・銀
サイズ:L6.5cm x W3.5cm
価格問い合わせ ▽

Pendant and Brooch,Transform jewelry
Jeweler : Boucheron
France 1884
Material: Agate, Diamond, Natural Pearl, 18K Gold, Silver
Size: L6.5cm x W3.5cm
Price : Please contact us ▽

お問い合わせ

一覧に戻る

こちらもおすすめ

ページの先頭へ